流るるままに

Month: 12月 2020

会いたい人に会いたいと

貴方は素直に言えていますか?

こんにちは、若しくはこんばんは。神崎です。

これ、いつ思いついたんだっけ…?結構思い付きでカバーしました、サンタブッチで人力納めになります。

「きっとクリスマスイベにはサンタさんのブッチが登場するんだろうな~~♪」なんて思ってた1ヶ月前……その夢が叶わなかったのでクリスマス曲を歌わせたいな、とは思っておりまして…。ただまあ、選曲はいつものノリです。


ラギーってホリデーの度に消費期限切れそうな食材貰って持って帰ってるじゃないですか(4章って丁度ウィンターホリデーの話ですよね確か)

そんで「近所の悪ガキども」や家族に分け与えてるじゃないですか。

皆さん、これ読んで最初思いませんでした?

>>>サンタさんやん<<<

って………

勿論、ジャックくんの台詞にもあるように、ハイエナの獣人たちはそう育ってきたからこそ、「次は分け与える番のラギー」ってだけなんでしょうけどほら、この時期に分け与える行為ってもうそりゃサンタさんじゃん。

でね、そもそもツイステの世界に「サンタ」なる概念があるかも謎なんですが、もしあったとしてもですよ。それが私たちのように親が叶えてくれる夢であれ、赤い服の妖精さんが願いを聞いてくれるのであれ、スラムにそんな小さな幸せは来るのかな?、と。

例えば「サンタ」が親であった場合。元々貧しい家庭ばかりだから「本当に欲しい物」は多分貰えないだろうし、そんな余裕もないかもしれない。

例えば「サンタ」が妖精さんであった場合。これは結構希望あるかな?って思うけど、悪い子のところにはそんな子を懲らしめる「ブラックサンタ」が来るんですよね。日々生きながらえるために盗みをはたらいている子ばかりだったら?

そんなところに、とっても現実的な青いサンタさんが1年前から来るようになるんです。

NRCは名門校ですからね。貧しい出であれ、他の子よりも綺麗で、健康で、たらふくおまんま食える状態ではあるでしょうし(これは学校が、というより狡賢さとアルバイト云々でしょうが)、そんなラギーが沢山食べ物を持って帰ってきてくれるのって、そりゃあコミュニティの獣人たちにとったらプレゼントも同然でしょう。

サンタさんやん……(2回目)

曲自体は死別し独り聖夜を過ごす蒼い亡霊サンタさんの曲なんで、前半軽く透けさせています。が、深い意味はないです。

ところで、ラギー自身は何が欲しいんですかね?ドーナツでいい?ちょっとミ〇ド行ってくるわ!


といった感じで、今年の人力は以上となります!

5月以降はツイステばかりでしたね。4名しかお迎えできてませんが。

来年一発目はサビだけカバーした17曲のまとめ動画を、お正月のうちに公開できればなと思っています!

あとは年末年始にシルバー君のお迎えはじめます(目指せ有言実行)

それでは皆々様、良いお年をお迎えくださいませ。

ひとゆら

昨日ぶりですね、こんばんは。神崎です。

こちらはロイヤルな二人に独りくらりゆらりしてもらったので、その動画についての雑記です。


素敵なイラストと動画はまみぃさんに作成していただきました!

見ました??!めっちゃ細かく表情差分あるんですよビックリ…!

いつもの二人のように自信ありげに口角をあげてるさまも、俯し目になり悲観的になっているさまも、静かに涙を流すさまも、めちゃめちゃに良くないです…??私は死ぬかと思った。

あと、全体的に彩度の低い動画の中で獲物を狙いさだめるかのように、もしくは互いを睨みつけるかのように鋭く輝くサマーグリーンとライムグリーンの瞳!!かっこいい!!

「green-eyed monster」…緑の瞳は「嫉妬」を表象しますが、彼らは互いの何かに嫉妬するんでしょうかね…?レオナさんは既に本編で色々語られてるので生まれながらに与えられた王座・資格や魔法センス等、結構ありそうですが、逆にマレウスさんって嫉妬するようなことあるんでしょうかね…?タノシミダナー(地獄)


ところで選曲ですが、当時(10月?)流行にのった……というのもあるんですが、歌詞がめっちゃレオナさんに刺さるからレオナさんに歌わせたいな!とは思っていたんです。「愛がないや」と悲観するさまが特に。

ただ、それだとサビの「夢」というワードに弱いなと思いまして。ついでに「あなた」ってどなただ?!と。

それならいっそ、適任者ぶち込んでデュエットにしてしまうか!と、選ばれたのはマレウス様でした。

とはいえこの二人、顔を合わせれば口喧嘩コースの犬猿の仲(式典服PS然り、ハロウィンイベ然り)ですので、デュエットというよりラップバトルに近いんじゃないかな(??)と。我ながら何言ってるんだって感じですが。

なので基本的にメインパートも掛け合いになるような割り振りにしています。

互いが互いのことを静かに睨み、嘲笑うかのように、また、それが己に跳ね返ってきて結果的に悲観的になってるかのように歌ってるみたいに聴こえたらいいな、と。


歌詞的に一人じゃパンチ足りねぇから何人か増やすか!パターンは、表に出せてないんですけど数曲ストックがありまして。

これらについても素敵なイラスト・動画をつけてくださっているので、是非楽しみにしていただけますと幸いです!(コラボしてくださっている人力師さんもめちゃめちゃ豪華だしね!!)

サバナの詰め合わせ2

前回同様、全7曲でお届けいたします。

1ヶ月ほど空いてしまいましたが、お元気でしょうか?神崎です。

8月から約4ヶ月でそんな数は溜まっていなかったのですが、年内に今年分はまとめておきたかったので取り急ぎ投稿いたしました。

今回はリクエスト曲が0です。完璧にイメソン女の自己主張セトリですので、良ければ各曲についてあれこれ語らせていただければと。

静止画についてはここでは上げないので、良ければ下記ツイのリプライを辿っていただけますと!


まずは夜駆けぶっち。

ぶっちなら「沈むように溶けてゆくように」落ちるのではなく、身軽にふわっと飛んでくれそうな気がするんですけど、歌詞にあわせてしっとりイメージでお届けいたします。

箒に乗ってるのはラギーくんが落ちているのではなく、落ちてゆく誰かの手をとって救い上げてくれそうだから…と。いや、自分から落ちるタイプじゃないでしょ彼!!

途中のハモリは適当に音足してるので間違ってたらごめんなさい…。

ちなみにこちら、落ち着いたら多分フル作ります。


2曲目は外車が良く似合う第二王子。

「ただ必要と言って欲しい」んです、彼は。有り余る財ではなく、少し欠けたどこかこそばゆい愛や幸せが欲しいんじゃないかなと…。そういう選曲です。

原曲が南国風の道を爽快に駆けていくMVでしたので、それにあわせてレオナさんにもお車に乗ってもらいました。こう、片腕外に出してるの凄く似合うなって。

ちなみにこちら、2章や3章の強めの音素を狩った後の確認用音源でもありました。2章の悲痛な叫びから、3章の腹から笑っているお声まで。

これより後のレオナさんは他所のレオナさんより元気かもしれません。いいことだよ!


3曲目は走り続けるニューフェイスの狼くん。

憧れの先輩たちの背中を追いかけるジャックくん。

彼は他人に褒められずとも、強要されずとも「己の成長のため」に走り続けることができるストイックな子だと思っています。

だからこそ、「走り続けることしかできない」のではなく「走り続けたい」…そんな彼のイメージにちょっと置換してご視聴頂けますと幸いです。

ジャックくんの音素も増やしたいね…。


4曲目はイカサマもお手の物って感じのハイエナ。

UST自分で作ってます。というかこっちがあと。この音源自体、原音設定弄ってみるためのテスト音源だったんですが、中々うまくいかず、原音設定変えるほうについては断念しています。

元々プロセカで曲を聴いたときから凄く大好きでして。ツイステの人力で歌ってもらうなら誰かな?と相談したところ、手持ちだとやはりラギーかな?と返答がありましたので、このチョイスです。

他の子でも聴いてみたいですね。エース君とか、ケークンとか、オクタも似合いそう。


5曲目はハロウィンのサバナ。以降、サバナ3名の三重奏が続きます。

ナノウさんの曲は昔からめちゃめちゃ大好きなんですが、中々にサバナと相性がいいな、と我ながら思いつつ作ってました。

メインボーカルがレオナさん、同じキーのユニゾンでジャックくん、上ハモがラギーくんです。なんで、厳密には三重奏ではないのですが…。

Aメロの悲観的な歌詞はレオナさんの怠惰っぽいところがドンピシャかな?と。どんどんサビに向かってジャックくんやラギーくんがハモリに加わって歌詞もちょっと挑発的になってきて、「掌の上で踊らされてたまるか、遊んでやろうじゃねえか!」って感じが正に「不屈の精神」…サバナクローっぽいなと。


6曲目は海賊サバナ。

いつかカバーしてたかったばつびょーですが、公式でサバナは海賊さんです(?)と言われたらやるしかねえ!やっちゃうか!と勢いでカバーしました。

愛することは難しいですねって歌詞ですが、レオナさん的には愛されることも難しいんじゃないかな…と。そんな関係でまたメインボーカルはレオナさん、ハモリにジャックくんとラギーくんです。

ディジーディジーの時に足した強めの音素がここで活きてます。サビのレオナさん、パンチ足りるか不安だったんですが杞憂に終わりました。


そして最後、7曲目は卑屈になりながらも強く訴え続けるサバナ。

歌詞分けして表示してないのでわかりづらいのですが、Aメロはジャックくんとラギーくん、Bメロは3人で順繰りに歌ってますが「消えたいって言うんだ 死にたいって言うんだ」でレオナさんがやっとメインに合流します。

サビのメインはラギーくん(問いかけのアンサーも全部彼です)、オク下でユニゾンしてるのがレオナさん、ハモリがジャックくんです。うちのサバナはハモリジャックくんが大活躍ですね…?

2章で大きく動いたのはジャックくんですが、寮長に対してふざけるなと直接強く訴えかけたのはラギーくんなんですよね。どうすればいいのかと迷い、どうにもならないと諦める人達におもっくそ遠慮のないビンタかましてほしいキャラNo.1(個人の意見です)なので、問いかけのアンサー部分は全てラギーくんにしてます。

ところで「もうどうだっていいや」を歌わせるのが一番しんどかったです。キー的にもそう、歌詞的にもそう。彼らは特に完全に立ち止まってしまってはダメだと思うんです。彼等にはがむしゃらにでも考え続け、走り続けてほしい…。最後まで折れることなく、その意思を貫いてほしい…。

などとのたまっていますが、時々そういう立ち止まってしまった、振り返ってしまったようなBADな曲を選びたくなるんですよね……。それはまた今度、ということで。


以上、7曲でお送りいたしました。

早速、沢山ご視聴・コメント・マイリス・広告いただけているようで、大変嬉しいです!

中にはフル作ろうかな…?ってやつも何個かあるので、また公開されましたらご視聴頂けますと幸いです!

Copyright © 2021 流るるままに

Theme by Anders NorenUp ↑